「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【”他と同じ”では選ばれない】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
ここ数日。
 
セミナーの告知文や自己紹介、
サービス紹介文の添削を行っています。
 
 
 
クライアントさんのご意見を、
文章に取り入れながら。
 
 
 
クライアントさんのお客様に、
如何に響くか?
 
そんなことを意識しながら、
添削をしています。
 
 
 
割と大変な作業ですが、
これが結構面白いんです 笑
 
 
 
何よりクライアントさんから、
喜びの声を頂けるのは。
 
本当にやりがいを感じますね。
 
 
 
************
“他と同じ”では選ばれない
************
 
添削の際、
僕が気を付けていること。
 
 
 
クライアントさんの競合と比較して、
似たようなものになっていないか
 
この一点について、
細心の注意を払っています。
 
 
 
競合と同じようなことを言っても、
お客様は振り向きませんから。
 

 
例えば、
ヘアサロンならヘアサロンで。
 
 
 
元々利用しているところを、
わざわざ変えようとは思いません。
  
似たようなことを述べるのなら、
尚の事です。
  
 
 
変更するメリットはゼロですから。
 
 
 
仮に大幅値引きをして、
一瞬だけお客様を集めたとしても。
 
値引き期間が終われば、
お客様は一瞬でいなくなります。
 
 
この場合、 
お客様が欲しかったのは。
 
金銭的なお得感のみです。
 
 
 
そのお店のファンになった訳では、
決してないんです。
 
 
 
だからこそ。
 
競合と同じでは、
全くの無意味なんです。
 
 
 
**********
より良い点はどこか?
**********
 
既存のサービスから、
お客様に宗旨替えしてもらう為に。
 
必要なことがあります。
 
 
 
それは競合に比べ、
どこがより良いのか
 
 
 
これを明らかにし、
お客様に提示すること。
 

 
差別化では足りないんです。
  
 
 
ここが違う、だけでは。
 
お客様にとって、
選ぶ理由にはなりません。
 
 
 
『○○の点が、他より優れています
 だから、お客様により一層◇◇をご満足頂けます』
 
 
 
こんな紹介でないと、
わざわざ宗旨替えは行われません。
 
 
 
多くの起業家が、
他と似たような表現をして。
 
結局、選ばれていません。
 
 
 
他と同じなら、
先に始めている方が圧倒的に有利。
 
そうなっては、
際限なき値引き合戦にまっしぐら。
 
 
 
体力のあるものだけしか、
生き残ることはできません。
 
 
 
だからこそ、
異なる点ではなく。
 
他にはない優位性や、
自分がそれを行える根拠を示す。
 
 
 
どんな点がより優れているからこそ、
よりお客様にふさわしいのか。
 
 
 
それを述べることができて初めて、
お客様に響きます。
 
 
 
『ちょっと利用してみようかな』
 
そう思って頂くために、
他にはない優位性を打ち出しましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どこが他より優れていますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム