口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

【その”見た目”、サービスと合っていますか?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
先日、知人からの紹介で。
一件の面談を行いました。
 
 
 
僕と知人は先に到着。
 
当該人物は、
時間ピッタリに現れたのですが・・・
 
 
 
詳細は語りませんが
『人に会う格好なの?』
と思わせるものでした。
 
 
 
この時点で、
既に帰りたかったのですが(笑)
 
 
 
知人の手前、
話は聞いてみることに。
 
 
 
聞いたところ、
メールのやり取りは好感触なのに。
 
 
 
いざ契約という段階で、
直接お会いすると。
 
全て流れてしまう、とのこと。
 
 
 
まさかその格好で、
会いに行ってはいないよね・・・
 
 
 
そんな僕の不安は的中し。
 
その「不適切な恰好」で、
契約の話をしに行っていました。
 
 
 
僕の助言はただ一つ。
即ち『服装を変えなさい!』でした。
 
 
 
本人の「見た目」。
 
これはビジネスの成功において、
重要事項の一つです。
 
 
 
*********
場違い感を与えない
*********
 
例えば、あなたは。
 
牛丼屋のような店内で、
高級フレンチを食べたいでしょうか?
 
 
 
そこらの露店で、
高級腕時計を買いたいでしょうか?
 
 
 
中には『それでもいい』と、
そう仰る方もいるでしょうが。
 
僕の答えは『NO』です。
 

 
何事にも、
「合う・合わない」
はあります。
 
 
 
上記のようなシチュエーションでは、
フレンチの有難味はなくなるし。
 
腕時計も偽物かもしれない。
 
 
 
ミスマッチはそれだけで、
信用を失います。
 
 
 
安物買いの銭失いをする、
その可能性が少しでもあるのなら。
 
正規のお店で、
正規の料金を出します。
 
 
 
結果的に、
その方がお得だと思うから。
 
 
 
冒頭の方は、
これと同じです。
 
自らのサービスと、
自分の見せ方(魅せ方)がズレている
 
 
 
自分なりの、
こだわりかもしれませんが。
 
見てる側からすれば、
場違い感しかないんです。
 
 
 
だから、選ばれない。
 
 
 
どれだけ腕が良くても。
サービスの質が高くても。
 
 
 
お客様に「場違い」と思われた、
その時点で。
 
ビジネスは不成立です。
 
 
 
自分のお客様が、
自分の立場に何を求めているのか
 
 
 
自分のこだわりなんぞ捨てて、
この点を正しく理解しましょう。
 
 
 
***********
何を期待されているか?
***********
 
見た目に限らず、
全てにおいて言えることですが。
 
 
 
ビジネスをするうえで、
非常に重要なこと。
 
 
 
それは
「お客様に何を期待されているか」
を把握することです。
 

 
僕の普段のスタイルは、
ジャケットパンツスタイルです。
 
 
 
僕のメインのクライアントさんは、
女性の個人事業主さん。
 
その方々から見て一番感じの良い格好を、
僕は選んでいます。
 
 
 
逆に、お堅い立場の方と、
堅い話をする時は。
 
スーツを着用します。
 
 
 
多少、イメージをハズすことも、
イメージ戦略としてはアリですが。
 
 
ハズし過ぎると、
場違い感が生じ。
 
それだけで信用を失います。
 
 
 
型破りと的外れは全くの別物
 
 
 
夏の暑い日に、
半袖半ズボンでお客様に会いに行ったら?
 
当然、門前払いされますよね。
 
 
 
自分の職業にどんなイメージを持っているか
相手は自分に何を期待しているか。
 
 
 
ここから逆算して考えれば、
自ずと選択する服装は決まります。
 
 
 
「見た目じゃなくで中身で勝負」
ではなく。 
「見た目で信用を得て中身で勝つ」
 
 
 
自分の見た目が、
お客様の期待値からズレていないか。
 
先ずはこの点を意識したいですね。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:見た目とお客様の期待値を一致させていますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム