「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【”良い会社”の見分け方:プロはこんなところを見ている】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
商社マン時代の接待時。
 
帰りたいオーラ全開で、
それでも作り笑顔を張り付かせていた僕に。
 
 
 
隣で飲み物をつくってくれていた、
キャストの女性が。
 
苦笑いしながら、
こんな話をしてくれました。
 
 
 
売れるキャスト程。
 
一見さんの時計と靴を、
先ず見るそうです。
 
 
 
スーツはある程度、
ハッタリが利くそうですが。
 
腕時計と靴は、
ごまかし様がないんだそうで。
 
 
 
で、その方によると。
 
当時の僕の目の前で、
上機嫌になっていた得意先の男性は。
 
 
 
曰く「不合格」でした 笑
 
 
 
むしろ、
高級品ではなくても。
 
靴と時計の盤面をキレイにしていた僕の方が、
将来性はあるとのこと。
 
 
 
これだけで
『もうしばらくいてもいいかな』
と思ったのですから。
 
 
 
我ながら、チョロいもんです(^^;
 
 
 
プロ程、
細かいところに目を配る。
 
後年、この話を思い出し。
改めてすごいな~と感じました。
 
 
 
*******
会社の見分け方
*******
 
尊敬する先輩から学んだ、
“良い会社”の見分け方。
 
 
 
僕は今でも、
それを実践しています。
 
 
 
最も目を配るのは、
その会社の「水回り」です。
 

  
お手洗いの便器はキレイか。
 
トイレットペーパーは、
ダブルかシングルか、などです。
 
 
 
また、来客用のお茶は良くても、
社員用はどうか?
 
 
 
こういった点に、 
最も会社の素顔が映し出されます
 
 
 
また、水回り以外でも。
 
 
 
観葉植物が枯れていないか とか。
 
社長の車と比べ、
社用車はどうか、とか。
 
 
 
色々と見るべきポイントがあります。
 
 
 
社長の見栄えや羽振りが、
どれだけ良くても。
 
 
 
働いてくれている従業員が、
日常使うものへの配慮が薄ければ。
 
遠からず、
その会社は停滞期に入ります。
 
 
 
社長と社員の間に、
明確な温度差がありますから。
 
 
 
良い会社と伸びない会社。
 
その境界線は、
身近なところに存在するんです。
 
 
 
**********
“良い会社”と付き合う
**********
 
名医が名医と言われる、
その所以は。
 
 
 
自らの腕や知識を磨きつつ。
 
高確率で治せる患者さんを、
主に治療するからだそうです。
 
 
 
やぶ医者程、
成功率の低い治療を繰り返し。
 
 
 
手は尽くした、
という自己満足を欲しがる、とは。
 
お話を伺ったお医者さんの弁でした。
 
 
 
同様に、我々ビジネスマンも。
 
“良い会社”を選び、
お付き合いする必要があります。
 
 
 
上述した通り。
 
伸びない会社には、
伸びない理由があります。
 
 
 
逆に、
どれだけ規模が小さくても。
 
 
 
社長と社員が一体になって、
一つの目標を共有している。
 
 
 
社長が社員に対し、
配慮を怠っていない。
 
 
 
こんな会社は、
後年必ず飛躍します。
 

 
良い会社には、
一体感があります。
 
良い意味での緊張感と、
熱気が共有されています。
 
 
 
こういった良い会社さんと、
黎明期からお付き合いすることで。
 
自分も一緒に、
大きな成長を遂げることができます。
 
 
 
伸びない会社に、
どれだけ労力を割いても。
 
多くの場合、報われません。
 
 
 
それどころか、
責任を転嫁されることすらあります。
 
 
 
だからこそ、
表面上の見栄えに左右されず。
 
その会社の”本質”を理解したうえで、
お付き合いする会社を選びましょう。
  
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:”良い会社”を選んでいますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム