「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【成功するセミナーの取り組み方】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
『セミナーがうまくいかない』
 
起業家の間では、
よくある悩みです。
 
 
 
我々起業家は、
お客様とのご縁を頂く為。
 
セミナーやイベントを、
よく企画します。
 
 
 
そこに、
テーマに関心のある人を集め。
 
 
 
その中から、
潜在顧客を探し。
 
 
 
潜在顧客の中から、
見込み客を見出し。
 
 
 
その見込み客に、
個別アプローチをかける。
 
 
 
ざっくり言うと。
 
これらが個別契約の提案までの、
一連の流れです。
 
 
 
自分の商品やサービスの、
提案に至る流れを考えながら。
 
 
 
各段階で、
必要な取り組みを行うこと。
 
それが求められます。
(一連の流れを作っていない人もいますが 苦笑)
 
 
 
だからこそ、
先ずは関心のある人を集める
 
ここが大前提なのですが。
 
 
 
多くの起業家が、
ここで躓いてしまいます。
 
 
 
セミナーやイベントで、
うまくいく人の取り組み方。
 
今回は、
その基本をシェアします。
 
 
 
******
テーマを絞る
******
 
セミナーを実施するうえで、
先ず必要なこと。
 
 
 
それは
「扱うテーマを絞る」
ことです。
 

 
お茶会などのイベントに、
よくある傾向。
 
 
 
それが
「どんな人でもお気軽に参加できます」
というもの。
 
 
 
多くの人に門戸を開いている、
そのように見えて。
 
 
 
ターゲットを絞っていないので、
価値が伝わらない。
 
メリットが分からない。
 
 
 
結果として、
誰にも関心も持ってもらえない
 
こんな結末になりがちです。
 
 
 
極端な例ですが、
ゴディバでチロルチョコは売れませんよね。
 
 
 
ゴディバは高級チョコ路線だからこそ、
ゴディバというブランドが確立します。
 
 
 
テーマを絞るということは。
 
 
 
自分というブランドを確立するうえで。
お客様の関心を集めるうえで。 
 
非常に重要な要素なんです。
 
 
 
**********
三回分の日程を決める
**********
 
一回目のセミナーで、
関心を集められなかった。
 
次につながらなかった。
 
 
 
こんな結果になった場合、
多くの人が一度足を止めます。
 
 
 
そして、
次は「完璧」にしようとして。
 
準備にばかり時間をかけ、
実践の機会から遠ざかります。
 
 
 
これこそが、
セミナーでうまくいかない主な理由。
 
 
 
うまくいかないから立ち止まる、
ではなく。
 
うまくいかなかったからこそ先に進む
 
 
 
この考え方、
取り組み方が大事なんです。
 

 
僕の初めてのセミナー。
 
SNSで「いいね」は付きましたが、
参加者はゼロでした。
 
 
 
二回目のセミナー。
 
参加者はお一人で、
個別契約もできませんでした。
 
 
 
三回目は二人。
 
四回目は、
四人ご来場頂き。
 
 
 
その内のお一人と、
二か月後に個別契約となりました。
 
 
 
先ずは一回、ではなく。
 
最初から三回分の日程を決め
改善しながら実践すること。
 
 
 
それが最終的に、
契約に至るセミナーになります。
(僕は四回かかりましたが 笑) 
 
 
 
一回目の反省を活かし、
告知文や内容を再考する。
 
 
 
二回目の反省を活かし、
セミナーの内容を改善する。
 
 
 
そうやって、
次のアクションにつなげていく。
 
 
 
セミナーで成功するには。
 
目標地点(個別契約)を明確にしたうえで、
成功するまで実践し続けること
 
 
 
実践し続けた人だけが。
 
最終的に、
セミナーでうまくいく=契約できるんです。
 
 
 
扱うテーマを絞り。
 
先ずは三回分、
日程を決めて行動しましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんなテーマのセミナーを三回実施しますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム