口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【なぜ”専門家”ほど集客で失敗するのか?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
高い専門性がある。
 
最新のスキル、
知識を有している。
 
 
 
そんな「専門家」な起業家たちが、
集客でつまづく。
 
こんなことは、
割と日常茶飯事です。
 
 
 
また、
僕のクライアントさんの中には。
 
 
 
事務所に勤めていた頃は、
顧客の獲得に苦労しなかったのに。
 
独立した途端、
うまくいかなくなった。
 
 
 
そんな士業の方もいらっしゃいます。
 
 
 
高い専門性がある、
それにもかかわらず。
 
なぜ専門家ほど、
集客でつまづくのか。
 
 
 
その原理を紐解いて、
集客疲れの改善につなげます。
 
 
 
*********
なぜ集客できないか
*********
 
専門家が集客できない、
その主たる要因。
  
 
 
それは
「専門性が伝わらない」
ことにあります。
 

 
専門性が伝わらない。
 
即ちお客様から見て、
何がどうすごいのか分からない。
 
 
 
その人にお願いすると、
何がどう自分にとって良いのか
 
 
 
専門家を活用するメリットを、
お客様が想像できないんです。
 
 
 
高い専門性があるからこそ、
お客様に価値が伝わらない。
 
なんとも皮肉な結果です。
 
 
 
では、こんな状況を打破し。
 
集客に困らなくなるには、
どんな要素が必要でしょうか?
 
 
 
************
単純明快に、分かりやすく
************
 
専門家として、
お客様に選んで頂く。
 
集客に困らない。
 
 
 
その為に必要な要素とは。
  
お客様にとってのメリットが、
単純明快で分かりやすいこと。
 

 
この専門家に依頼することで、
自分はどんな未来を手に入れられるか。
  
その未来予想図を、
お客様が簡単に想像できることです。
 
 
 
その為に。
 
自分の専門性を、
簡単な言葉に置き換えるとどうなるか?
 
 
 
何が伝われば、
お客様に「欲しい!」と感じてもらえるか?
 
 
 
お客様が知りたいことを、
単純明快に、分かりやすくする。
  
そんな取り組み方が必要です。
 
 
 
また、僕はクライアントさんに、
例え話の活用を推奨します。
 
 
 
例え話って、
聴いている人の想像を促すんです。
 
 
 
イメージがしやすいものは、
当然伝わりやすい。
 
魅力が伝わりやすくなる。
 
 
 
ということは、
選ばれやすくなるのは必然。
 
 
 
簡単な説明と、
例え話の活用。
 
これを意識するだけでも、
集客、ひいては契約率は改善します。
 

 
尚、例え話の活用には、
一つ注意点があります。
 
 
 
例えば、
東京ドームに一度も行ったことがない。
 
そんな人に対し。
 
 
 
『東京ドーム〇個分の~』
 
こんな説明は、
非常にナンセンスです 笑
 
 
 
具体的に想像できませんから。
 
 
 
「相手の視点で考える」
  
どんなビジネスにおいても、
非常に重要なポイントです。
 
 
 
あなたのサービスの何が伝われば、
お客様は「欲しい」と感じますか?
 
 
 
それを簡単な言葉に置き換えると、
どんな表現になりますか?
 
 
 
活用できそうな例え話は?
 
 
 
こんなことを意識しながら。
 
お客様に自分のサービスを、
単純明快に、分かりやすく伝えましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:単純に言うと、何ですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム