理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【リスクをとって前進するか/安定をとって後退するか】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
とあるコンサルタントさんから、
お伺いした話ですが。
 
 
 
ビジネスシーンにおける、
現代社会のニーズは。
 
「ローリスク・ローリターン」
 
なのだそうです。
 
 
 
如何に低いリスクで、
手堅く利益を得るか。
 
こんな発想だそうですね。
 
 
 
悪くありません。
 
これもまた、
一つの最適解です。
 
 
 
守りに入らなければならない、
そんな時期も確実にあります。
 
 
 
そのうえで。
 
この、良く言えば堅実。
悪く言えば勝負をかけない戦略では。
 
 
 
いずれ、
緩やかに後退していくのも。
 
また一つの事実です。
 
 
 
***********
リスクをとらないリスク
***********
 
顧問先やクライアントさんに、
僕がよくお伝えすることがあります。
 
 
 
それは
「リスクをとらないことによるリスク」
の存在。
 
 
 
今まで通りのやり方
今まで通りの考え方
 
 
 
これまでも
それでうまくいってきた
 
 
 
だから
これからも大丈夫
 
 
 
このような考え方は、
非常に危険です。
 

 
現代社会の変化の目まぐるしさは、
想像以上に大きなもの。
 
 
 
今日の成功モデルが、
明日の成功の足枷になる
 
そんな事態も、
決して否定できません。
 
 
 
一例を挙げれば。
 
日本を代表する企業(であった)東芝が、
06年に米国の原発企業を買収しました。
 
 
 
この買収は
「今まで通り」
の発想から来たもの。
 
 
 
市場も概ね、
この判断を後押ししました。
 
 
 
06年時点で
「原発には将来性がない」
という指摘があったにもかかわらず。
 
 
 
そして、現在に至り。
 
時代を読み間違えた同社は、
大きな損失を出しています。
 
 
 
変革なくして成功無し
 
 
 
リスクをとらない、
今まで通りの体制維持は。
 
もはや「緩やかな後退」と言っても、
過言ではないんです。
 
 
 
***********
リスクをとって前進する
***********
 
緩やかに後退しない為にも
「リスクをとる勇気」
が必要です。
 
 
 
何も巨大な投資をしろ、
なんて、無理なことは言いません。
 
 
 
そんなことをしなくても。
 
もっと身近なところから、
始めることはできます。
 
 
 
ここで言うリスクとは
「今までと違う選択をする」
ということ。
 

 
今までと違うことをする。
 
これは想像以上に、
ストレスを伴うものです。
 
 
 
やる前から既に
「やらない言い訳」
が数多く浮かぶ程に 笑
 
 
 
そのうえで。
 
今以上の成功は
「今までやったことのないチャレンジ」
の延長線上にこそあります。
 
 
 
今でこそ僕は。
 
毎日コラムを更新したり、
告知文の添削などを行っていますが。
 
 
 
起業当初は、
全く文章が書けませんでした。
 
告知文を出しても、
全く反応なしでした。
 
 
 
それでも、何度も練習を重ね、
習慣化し。
 
今ではコラムを書く度に、
ご感想を頂けます。
 
 
 
自分だけでなく。
 
クライアントさんにも、
魅力的な告知文を提案できます。
 
 
 
最初は苦痛や違和感を感じても。
 
ずっと続けていれば、
自然とできるようになる
 
 
 
そんな中に、
成功のカギが存在します。
 
 
 
逆に、ずっと続けても、
苦しさしか感じないのであれば。
 
 
 
それは「自分らしくない」ということ。
 
 
 
それが分かったら、
違うチャレンジをすればいい
 
ただそれだけの話です。 
 
 
 
自分らしくない選択は、
それが得意な誰かの出番。
 
その人にお願いすればいいんです。
 
 
 
安定を選んで後退するか。
リスクをとってでも前進するか。
 
 
 
あなたは、
どちらを選択しますか?
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:欲するものは安定ですか?成果ですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム