口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【なぜたった3か月で売上が2倍になるのか】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『売上が増えました!』
 
僕がクライアントさんから頂くご報告で、
一番嬉しいものです(^^♪
 
 
 
まぁ、それができなかったら、
この仕事成立しませんけど 笑
 
 
 
先日も、全くの未経験から、
セラピストとして活動を始める方から。
  
正式開業前に、
複数回契約GETのご報告が!
 
 
 
いや~
本当に素晴らしいです(^^♪
 
 
 
このように、
僕のクライアントさんは。
 
短期間で売上アップ。
もしくはファーストキャッシュを獲得できます。
 
 
 
なぜ短期間で、
こんな成果が出るのか。
 
 
 
それは取り組みの「ある部分」を、
意識的に変えることから始まります。
 
 
 
**********
罪悪感を払しょくする
**********
 
セールスができない
提案を尻込みしてしまう
 
 
 
こんな人の多くは、
ある種の「罪悪感」を抱えています。
 
 
 
仕事の話をしたら、
相手にとって迷惑ではないか。
 
料金を頂くことは、
相手のお金を奪う行為ではないか 等
 
 
 
真面目な方程、
こういった考えに囚われています。
 
 
 
そのうえで、
こういった罪悪感は。
 
ビジネスを成立させるうえで、
大きな足枷となります。
 

 
そもそもにして、
罪悪感を抱える必要はないんです。
 
 
 
自己満足、
自分の利益の為だけに。
 
ビジネスをしている訳ではないでしょう?
 
 
 
自身の仕事は、
お客様の幸福実現をサポートするもの
 
 
 
自分の仕事は、
お客様から感謝されるもの。
 
 
 
これらの事実を。

お客様の具体的な未来と一緒に、
本人に何度もイメージさせる。
 
 
 
自分の仕事を通して、
お客様のお役に立てる。
 
その確信を得てもらう。
 
 
 
この繰り返しで、
罪悪感は払しょくされ。
 
 
 
自分の仕事も、
自分自身も素晴らしいもの。
 
こんなマインドが身につきます。
 
 
 
どれ程スキルを磨いても。
 
本人のマインドが整っていなければ、
使いこなすことはできません。
 
 
 
自分と自分の仕事への、
絶対的な信頼感
 
これがあって初めて、
お客様に価値は伝わるんです。
 
 
 
***********
誰に・何を・どうやって
***********
 
本人のマインドが整った後。
 
最も基本的な、
そのうえで重要な取り組み。
 
 
 
それが
「誰に・何を・どうやって」
を具体的にすること。
 
 
 
多くの起業家が、
うまくいかない理由。
 
  
 
それは「何を」ばかりが先行し、
お客様目線が欠落しているからです。
 

 
セラピー
士業
IT技術 etc
 
 
 
起業する「手段」は、
人それぞれでしょう。
 
 
 
自分の好きなこと。
 
自分が最も得意なことで、
価値を提供する。
 
 
 
それ自体は、
素晴らしいことです。
 
 
 
そのうえで。
 
どんなお客様の、
どんな課題や願望に対し。
 
 
 
どんな手段=仕事をもって、
どのように解決し。
 
 
 
どんな未来を、
お客様に提供するのか。
 
 
 
そもそもお客様となり得る人に、
どうやって出会うのか。
 
 
 
こういった戦略を、
徹底的に具体化することで。
 
将来の売上へと、
確実につなげていきます。
 
 
 
下手な鉄砲を数撃っても、
下手だから当たりません。
 
 
 
狙った的に対し、
正確な一射を放つ。
 
これがビジネスのポイントです。
 
 
 
自分の仕事には、
自分自身には。
 
素晴らしい価値があることを、
先ずは知りましょう。
 
 
 
そのうえで。
 
自分の仕事に、
最も価値を感じる人は誰なのか
 
 
 
それを明らかにし、
その人の幸福な未来をサポートしましょう。
 
 
 
これらの要素が備われば。
 
本当に短期間で、
大きな成果を実現できます。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:自らを素晴らしいと断言できますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム