口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

「成功」の対義語は「失敗」?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
今日も今日とて、トライ&エラーを繰り返しながら1日を過ごしています。
もうすぐ35歳になりますが、まだまだ失敗の連続です。
 
 
お互いの役割を明確にしないままに契約を交わしてしまい、
お互いに嫌な気持ちになったり。
 
 
また、僕は自分の仕事のツールとして、
目的別に「質問集」を作っているのですが・・・
 
 
今朝は折角つくった質問集を、誤って消去。。
一からやり直しです。
 
 
「もっと良いものをつくりなさい」という神の啓示だったのでしょう!!
 
 
こんなふうに、日常的に「失敗」を繰り返しています。
でも、僕はこんなふうに思う訳です。
 
 
「成功」の対義語は本当に「失敗」なのかな?と。
 
 
では、第95話です。
 
 
辞書を引くと、「成功」の対義語は「失敗」となっています。
確かに、国語の用法的には正しいと思います。
 
 
では、生きていくうえでは?
僕は決して対義語ではないと思うのです。
 
 
なぜなら、
成功も失敗も行動の先にしか存在しないからです。
 
 
このコラムで何度もご紹介したので、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが。
 
 
僕はとにかく「失敗」というものを嫌悪していました。
 
 
習慣化を宣言して、それが実現しなかったり。
何かを手に入れようとして、それが手に入らなかったり。
 
 
そういった事態に陥ることを、ひどく嫌っていました。
 
 
その結果、僕が選択した道。
それは「行動しない」ということでした。
 
 
行動しないから、何も変化が起きないんです。 
そうして、これまでの延長線上で生きてきたんです。
 
 
とっても楽でした、何も努力しなくていいから。
でもとってもつらかったです、何一つ変化がないから。
 
 
「良い人生にしたい」と思っていたのに、
「良い人生にするための努力」を完全に怠っていたんです。
 
 
変化は、行動した先にしか存在しません。
行動は上手くいくこともあり、上手くいかないこともあります。
 
 
では上手くいかなかった経験は全てムダになるのか?
そんなことは、決してありません。
上手くいかなかったからこそ、もっと上手くやる方法を考えるようになるから。
 
 
成功は失敗の積み重ねで成立するのだと。
行動を起こしたことで、ようやく気付くことが出来ました。 
 
 
では、ここで改めて本日のテーマを考えてみましょう。
「成功」の対義語は「失敗」でしょうか?
 
 
僕は違うと思います。
 
 
僕は「成功」の対義語は「行動しないこと」だと思います。
「失敗」は対義語ではなく類義語だと思います。
 
 
「失敗」というとマイナスイメージを抱きやすいですが、
「成功ステップ一段目」とか「成功法の検証作業」などと言い換えれば?
 
 
失敗することの恐怖感を、軽減できるのではないでしょうか。
 
 
行動した先にしか、成功は存在しません。
失敗を積み重ねずに、成功する方法は見つかりません。
 
 
「良い人生」をおくりたいなら、先ずは行動すること。
これが最も重要なことではないでしょうか。
 
 
【しつもん:必要な行動は何ですか?】 
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
 
12月に講座開催します!
 
 
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。

 - コラム