売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【”良いもの”が売れるとは限らない。なぜか?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『この商品(サービス)は
 本当に良いものなんです』
 
 
 
僕のところに、
ご相談に来られる方で。
 
こんなことを仰る方が、
数多くいらっしゃいます。
 
 
 
ご自身の扱う商材に、
心から惚れ込んでおり。
 
 
 
もっと多くの人に知ってほしい。
もっと多くの人に活用して欲しい。
 
 
 
そう思って、
ビジネスを始めたのに。
 
 
 
全く魅力が伝わらない。
誰にも相手にされない。
 
そんな状況に陥るんですね。
 
 
 
自身の扱う商材を愛することは、
とても重要です。
 
愛のない商材を販売するのは、
お客様への裏切り行為です。
 
 
 
そのうえで。
 
多くのビジネスパーソンが、
以下のような過ちを犯しています。
 
 
 
即ち
「良い商材だから売れる」
という思い込みです。
 
 
 
************
“良いもの”だから売れる?
************
 
良い商品を出せば売れる
良いサービスを提供すれば選ばれる
 
 
 
こんなふうに、
提供者は思いがちですが。
 
 
 
良い=売れるとは限らないのが、
現代社会の市場です。
 
 
 
仮に高品質・高性能を、
どれだけ謳い上げても。
 
お客様に良さが伝わらなければ、
意味はないんです。
 

 
そもそもにして、
提供者の考える”良いもの”は。
 
 
 
提供者の考える”良さ”であり、
お客様の考える”良さ”と一致していない
 
 
 
こんなケースが、
ものすごく多いんです。
 
 
 
自分の言いたいことばかり、
自分の考える良さばかり伝えても。 
 
お客様には響きません。
 
 
 
お客様が良さを感じなけれれば。
当然、買ってもらえません。
 
 
 

自分の考える”良さ”と、
お客様の考える”良さ”。
 
双方の一致が合って、
初めて商材は売れるんです。
 
 
 
**********
お客様に必要とされる
**********
 
セールスの基本であり、極意。
それは以下の通りです。
 
 
 
必要な人に
必要なものを
必要なタイミングで
必要な分だけ
 
 
 
この商材は、
今のあなたにとって必要なもの
 
そんな教育を、
提案を通して実施する。
 
 
 
では、どんな要素があれば、
お客様は必要性を、良さを感じるか?
 
 
 
そもそも、
お客様にとっての”良さ”とは?
 

 
それは、
お客様の課題解決につながるもの。
 
お客様の願望成就につながるもの。
 
 
 
お客様の欲しい未来に、
直結しているものです。
 
 
 
それが伝わった時、初めて。
『これ良いね!欲しい』
となる訳です。
 
 
 
だからこそ、提供者は。
 
お客様がどんな未来を欲しているか
引き出す必要があります。
 
 
 
お客様の欲する未来を叶えるもの。
それが”良い商材”です。
 
 
 
自分の考える良さを、
お客様に押し付けるのではなく。
 
 
 
お客様の考える良さを、
お客様に伝えていきましょう。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:何があればお客様に”良さ”が伝わりますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム