口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「面倒くさい」が口癖の起業家が先送りをやめられた理由とは?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『面倒くさい』
 
口を開けばこんな言葉が出る、
そんな起業家さんと出会いました。
 
 
 
やらなければいけないのは、
十二分に分かっている。
 
このままじゃ何も進まないことも、
心底理解している。
 
 
 
でも、いざやろうとすると・・・
 
 
 
面倒くさくなり。
やらない理由がたくさん浮かび。
 
そして、やらない。
 
 
 
結果として、
状況は何一つ好転しない。
 
こんな状況にある方と、
僕は敢えて契約しました。
 
 
 
確かに、
行動は伴っていない。
 
けれども、
他人の所為には一度もしなかった
 
 
 
これなら十分に、
活路は開けると感じたんです。
 
 
 
何よりも。
 
以前の自分を見ているようで、
親近感も湧きましたし 笑
 
 
 
********
完璧主義を捨てる
********
 
いざ取り組もうとすると、
億劫になってできない。
 
こんな経験、
僕も多々あります。
 
 
 
特にサラリーマン時代は、
そんなことばかりでした(^^;
 
 
 
後になって分かりましたが。
 
この時の僕は、
“完璧”に進めようとしていました。
 

 
『毎朝一時間早く起きて
 一時間資格の勉強をする』
 
 
 
例えば、
こんな目標設定の仕方です。
 
 
 
モチベーションが高いうちは、
何とか続けられるのですが。
 
 
 
多忙だったり、
お酒の席が長引いたりすると。
 
すぐに色々と言い訳をして、
惰眠を貪ってしまう。
 
 
 
恥ずかしながら以前の僕は、
こんな典型的なダメリーマンでした。
 
 
 
そんな僕の転機は
「完璧主義」
という考えを捨てたこと。
 
 
 
毎朝一時間早く起きて、
一時間勉強するのではなく。
 
 
 
およそ10~15分の、
隙間時間をフル活用して。
 
短時間集中で勉強する。
 
 
 
決められたスケジュールに、
無理に合わせようとするよりも。
 
 
 
隙間時間などを使って、
短時間集中して勉強する。
 
 
 
完璧を手放すことで。
ずっと効果が増すんです。
 
 
 
*******
人の力を借りる
*******
 
先送りを解消するのに、
効果的な手段がもう一つ。
 
それは「人を頼る」ことです。
 
 
 
以前の僕は、
何でも一人で背負い込んでいました。
 
 
 
「全部自分一人でこなさなければならない」
 
こんな脅迫観念に、
勝手に囚われていたんですね。
 
 
 
でも、断言します。
一人でできることは限られています
 
独り善がりで辿り着ける場所なんて、
たかが知れています。
 
 
 
だからこそ、
人の力を借りる。
 

 
苦手な分野なら、
得意な人に習う。
 
 
 
それでも、
どうしても質が向上しない。
 
そんな時は思い切って、
得意な人にお願いする。
 
 
 
そうして自分は、
得意分野に注力する。
 
 
 
そんな環境を整えることで、
仕事の質は劇的に向上します。
 
何より、
先送りする要素が解消されます。
 
 
 
自分が力を発揮できない分野は、
違う誰かの活躍する場
 
そんなふうに思っておけば。
 
 
 
うまくいかないことに苛立ったり。
 
本来の業務に支障をきたす、
そんなことも起こりません。
 
 
 
もちろん、
頼りっぱなしではいけません。
 
 
 
自分もまた、
誰かの苦手分野の為に役立つ。
 
お互いに「与えあう環境」こそが、
人を豊かにしてくれます。
 
 
 
完璧主義を手放す
与えあえる環境づくり
 
 
 
冒頭の起業家さんは、
これを徹底したことで。
 
面倒くさい、という口癖も。
先送り癖もなくなりました。
 
 
 
先送りする傾向があるのなら、
ぜひこれらをお試しください(^^)/
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:何があれば先送り癖を解消できますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム