売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

自分を変えるには?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
最近よく聞かれるんです。
「どうやって自分を変えたの?」って。
 
 
直接的なキッカケは、「人生最大の挫折」だったのですが・・・
これはまた、別の話。 
 
 
以前の僕がどんなであったかは、
このコラムで度々(というよりほぼ毎回)ご紹介しております。
 
 
・人間嫌い
・疑い深い
・すぐに怒る/怒らせる
・プライドがムダに高い
・責任を人になすりつける 等々。
  
 
昔の話をすると、
最近お会いした方々には「信じられない!」と言われます。
 
 
古い友人たちには「まるくなったよね~」と、しみじみ言われます(笑)
 
 
では、僕はどうやって「自分の理想像」を少しずつ手繰り寄せているのか。
コラム第96話、今回はそのあたりをご紹介します。
 
 
あくまで僕のやり方なので、
「このやり方が正しい!」という訳ではありません。
お間違えのないように(・ω・)ノ
 
 
自分変革の第一ステップ。
僕は「自分の現状を把握する」ことからスタート。
自分の「現状」というものを、可能な限り書き出しました。
 
 
第二ステップは「自分の理想像を明確にする」ことです。
自分の理想とする人は、どんな人なのか。
口グセ、働き方、趣味、年収、交友関係などのライフスタイル。
それら特徴の全てを、詳細に書き出しました。
 
 
進む先がハッキリしないと、何をしていいか分からなくなりますからね。
  
 
第三ステップは「ギャップを明確にする」こと
自分の現状と、自分の理想像。
その二つを比べて、何がどう違うのか。
それをハッキリとさせました。
 
 
第四ステップは「変えられる部分と変えられない部分を明確にする」こと。
ラインホルド・ニーバーという神学者が唱えたとされる、
「ニーバーの祈り」というものを参考にしました。
詳しくはWEBで!!(笑)
 
 
例えば、僕は髪のクセが強いのがコンプレックスだったのですが。
これは変えられないですよね。
矯正したところで、髪が伸びれば同じことですし。
 
 
でも、口癖や行動パターンなどは「変えられるもの」に分類できます。
こんなふうに分けて、「変えられない部分」は受け入れることにしました。
 
 
第五ステップは「変えられるものに優先順位をつける」ことです。
この時、僕は「コミュニケーションの改善」を最優先事項に設定しました。
その理由は、分かりますよね?(笑)
 
 
第六ステップは「小さく始める」こと。
くどいようですが、
いきなり大目標を掲げると人間は拒否反応を起こします
それが、どんなに良い変化をもたらすものであっても。
 
 
だから僕は、小さく=出来る事から始めました。
コミュニケーションの改善を優先したので、
「口癖を変える」ことと「笑顔の練習をする」ことから始めました。
これならすぐに出来ますし。
 
 
第七ステップは「人付き合いを変える」こと。
今までの「惰性の付き合い」を一切やめて、
「本当に会いたい人」と「その人はどんな場所にいるか」を考え。
そこに行くようにしました。
 
 
今にして思えば、これを第三ステップにした方が良かったかも。
  
 
そして第八ステップ。
今も継続中なのですが「目標を明確にして、定期的に見直す」ことです。
 
 
成長すると、目標が変わってくるんです。
だから、都度目標を見直して、修正して、それに見合った行動をする。
慣れてただの「作業」にならないように、結構気を付けているんですよ。
 
 
他にも細々したものはあるのですが、
大まかに分けてこんなもんです。
 
 
ちょっと長くなったけど、参考になりました?(笑)
 
 
【しつもん:どんな自分になりたいですか?】 
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
 
12月に講座開催します!
 
 
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。

 - コラム