口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【仮説を立てる重要性と仮説頼みの危険性】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
本当にそうかは、
現時点では確証がない。
 
 
 
けれど、
こういった選択をすることで。
 
こんな効果を生むのではないか。
 
 
 
こういった仮の話を考え、
トライ&エラーを繰り返す。
 
これにより、
質の高い価値提供が可能になります。
 
 
 
今回のテーマは「仮説」
 
仮説を立てることの重要性と、
仮説に頼る危険性。
 
 
 
こちらをお伝えしていきます。
 
 
 
*********
仮説を立てる重要性
*********
 
ビジネスにおいて、
仮説を立てること。
 
その仮説を検証すること。
 
 
 
お客様に選ばれ続ける、
そんなビジネスを構築するうえで。
 
非常に重要な取り組みです。
 

 
こんな商品を打ち出せば
こんな層の人にニーズがあるだろう
 
 
 
夜間の来客数が少ないのは
きっとこんな理由だろう
 
 
 
こんなコンサルを提供すれば、
クライアントにこんな変化が生まれるだろう 等
 
 
 
仮説を立て、検証し。
事実に最も近いビジネスにする
 
仮説と事実の因果関係を立証する。
 
 
 
仮説⇒検証⇒評価⇒改善
 
このサイクルを回すことで、
ビジネスはより磨かれます。
 
 
 
********
仮説に頼る危険性
********
 
上段の通り。
 
仮説を立てた後に、
サイクルを回すこと。
 
 
 
これが非常に重要なのですが。
 
 
 
中には、
最初に立てた仮説から離れられず。
 
 
  
誤った仮説の元、
ビジネスを展開する。
 
そんなケースも存在します。
 
 
 
多くの場合、その帰結は。
市場からの撤退です。
 
 
 
誤った仮説を元にしているので、
当然と言えば当然ですね。
 

 
それらしい仮説を考えてから、
検証に必要な情報を集め。
 
解析するのは効果的です。
 
 
 
そのうえで。
 
集めた情報を、
効果的に活用できていない。
 
 
 
これもまた、
一つの事実です。
 
 
 
自分の思い込みでは、
ビジネスはできません。
 
 
 
主観に基づいた仮説では、
ビジネスは成立させられません。
 
 
 
誤った仮説に頼り、
ビジネスを展開するのは。
 
非常に危険な考え方です。
 
 
 
ビジネスはお客様ありき
 
 
 
お客様のニーズを、
仮説を立てて検証する。
 
事実に近づいたうえで、
因果関係を立証する。
 
 
 
正しいトライ&エラーの実践を、
常に心掛けたいですね。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:仮説を立てて検証していますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム