口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【実録:社員を育てられない社長がやっていること】

   


 
今日もご覧頂き、
誠にありがとうございます。
 
売らなくても売れる仕組みのつくり方:主宰
香月 翼です。
 
 
 
『社員が育たない』
 
こうお嘆きの社長は、
非常に多いです。
 
 
 
先日も、
とあるコンサルティング会社にて。
 
お話を伺いました。
 
 
 
で、どんな接し方をしているか、
しばし観察したのですが・・・
 
 
 
社長、
そりゃー育たんよ(; ・`д・´)
 
 
 
思わずそう言いたくなる、
そんな有様でした。
 
 
 
社員が育たないのではなく、
社員を育てられない
 
 
 
そんな社長の共通点は、
色々とありますが。
 
今回は二つに絞って、
お伝えします。
 
 
 
*******
社員に任せない
*******
 
まず多いのが
「社員に任せない」
こと。
 
 
 
実力があり、
一人で何でもできる。
 
 
 
そんな社長程、
この傾向が強いです。
 

 
実際、
僕が同行した日も。
 
客先でのクロージングは、
全て社長が実施していました。
 
 
 
社員はアポを取り、
間をつなぐだけ。
 
自分で契約を獲得しないんです。
 
 
 
厳しいことを言いますが。
 
社長が全てやるので、
ほぼ小間使いにしかなっていません。
 
 
 
社員一人一人の、
主体性がないんです。
 
 
 
部下を信頼し、任せる。
 
失敗を含め、
経験を積ませる。
 
 
 
「将来への投資」
 
 
 
こんな考えで、
社員に任せなければ。
 
いつまで経っても、
人材育成はできません。
 
 
 
*******
一方通行の会話
*******
 
社員とのやり取りで、
ほとんど社長がしゃべっている。
 
社員はそれを、
黙って聞いているだけ。
 
 
 
コミュニケーションをとっているようで、
完全な上意下達の一方通行。
 
 
 
社員を育てられない社長は。
 
決定的に、
社員の話を聴けていません
 
 
 
とにかく、
指示・命令を出す。
 
それが結局、
社員の思考停止の要因になります。
 
 
 
指示・命令を聴いて、
その通りにやれば良いだけなので。
 
社員本人が考えない。
 
 
 
自分で考えられないから、
いつまでも「指示待ち社員」のまま。
 
  
 
これではいつまで経っても、
社長が最前線にいる必要があります。
 

 
『自分でやった方が確実で早い』
 
多くの”デキる”社長は、
こう仰います。
 
 
 
ですが、
それでは社員は育ちません。
 
 
 
経験できないから、
自分で考えないから。
 
いつまでも学べない。
成長できない。
 
 
 
冒頭の社長に対しての、
協力はお断りしました。
 
 
 
他者の話に耳を傾けられない。
これは大きなマイナス材料です。
 
 
 
一緒にやろうとしても、
きっと僕の話も聞かないだろう。
 
容易にそんな未来が想像できました。
 
 
 
未熟な社員に任せることで。
 
例え一定時期、
全体の売上が低迷しても。
 
 
 
それは将来、
大きな財産となって社を潤わせます
 
 
 
僕は社員こそ、
まだ雇用していませんが。
 
 
 
本気で協力できるパートナーを、
あちこちでつくっています。
 
お互いに仕事を任せ、任される。
そんな信頼関係を構築しています。
 
 
 
今よりも、
より大きな売上を目指すなら。
 
自分一人だけでは不可能。
 
 
 
自身を力強くサポートしてくれる。
 
そんな人財の育成、
信頼関係の構築を。
 
 
 
普段から心がけたいものですね。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:社員をどのように育てていますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム