売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

「無人島ワークショップ」最終レポート

      2016/11/15

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
2日目の昼食は、前日のバーベキューの残りを使った、
具材たっぷりの焼きそば。
鉄板を使って、豪快に調理です!
 
 
ハンモックとブランコの奪い合い(笑)をしていた子ども達も、
匂いにつられたのか集まってきました。
ハンモックで揺られるのは、非常に気持ちのいいものです(冬以外は)。
  
 
正面
 
 
「鉄板焼きそば」は、全員に大変好評。
きれいに平らげました。
ごちそうさま!
 
 
昼食後は、船で沖に出て魚釣り。
桟橋では完敗した子ども達も、リベンジマッチにやる気満々です。
 
 
結果。
全員「ボーズ」でした(笑)
そううまくはいきませんね。
 
 
さて、いよいよ帰る時間になりました。
なったのですが・・・・・
 
 
子ども達が集まりません(笑)
 
 
「帰るよー」を十数回繰り返した段階で、
「魚釣りしていい?」とか聞いてくる始末。 
 
 
You、僕の話聞いてたかーい?( ゚Д゚) 
 
 
そんなこんなでやっとこせ帰宅準備が整い。
僕達は無人島 田島を後にしました。
 
  
事務所
 
 
船で事務所まで帰ってきて、少しだけ雑談後。
事務所前で、みんなで記念撮影をしました。
 
 
最後まで口の減らない子ども達に毎度ツッコミを入れつつ、
いよいよお別れです。
 
 
「楽しかった!」
皆さんにそう言って頂けたことが、僕にとっての一番の報酬になりました。
 
  
またね!
 
 
 

暗くなったら寝て、明るくなったら起きる。
自然に委ねている感じがしました。
 

 
東京からわざわざ来てくれた女性が、こんな感想を残してくれました。
僕もそう思います。
“自然”に任せて、”自然”になれる。
そんな感覚を味わいました。 

本当は稲刈り体験やグループワーク、シーカヤックなども準備していたのですが・・・
 
 
今回学んだこと。
 
 
「子ども達に”予定調和”は通用しない」ということ(笑)
 
 
そして、もう一つ大事なこと。
僕達は大人になるにつれて、
好奇心を見失っていっているのではないか、ということ。
 
 
自分が気になるものに、すぐに手を出す。
物怖じせずに、やりたいようにやる。
主義主張をはっきりする。
 
 
僕達は、大人になるにつれて「空気を読む」ことを覚え。
こういった大事なものに、フタをしていたのではないか。
 
 
子ども達の姿から、僕はそんなことを感じました。
 
 
またやろうと思います。
単純なツアーと、
僕自身の”持ち味”を加味したビジネスとしての企画の両方を。
 
 
もっと多くの人に届けたいと思います。
この島の魅力と、自然になれることの楽しさを。
 
 
たった2日間でしたが、とても有意義な時間でした。
改めて、ご参加頂いた皆さま。
ご協力頂きました浦添さま。
島のオーナー、谷山さま。
 
 
本当に、有り難うございました。
 

【しつもん:好奇心を刺激してくれるものは何ですか?】 
 
 
毎日「自分らしい生き方」をテーマにしたコラムを書いています。
詳しくはこちらから。

 - お知らせ